布団にカビが生えるのはどうして?対策法は何かある?

布団にカビが生えたこと、ありますか?

 

毎日使ってる布団にまさかカビなんて・・・と思っていませんか?一方毎日使ってる布団に気が付かないうちにカビが生えてたら・・・恐ろしいですよね。

 

扱いが悪かったり部屋の状況などで
布団もカビが生えることがあるんです。

 

布団にカビが生える理由

部屋の湿度が高い場合

布団の湿度が高く汚れている場合

 

基本的に湿度が高いとカビが生えやすくなります。
日当たりの悪い部屋や北向きの部屋などでは特にそのリスクがあります。

 

また、カビが生えるのには条件があります。

 

カビが生える条件は

湿度があること

 

湿気があるとカビが生えます。実は寝ているだけでもコップ一杯から二杯分の
汗をかくということなので、汚れるのはもちろん、それだけでも布団が湿気る要因になりますね。

 

栄養分があること

 

寝ている間に体から落ちるアカやフケなど。気が付いていませんが結構落ちるようです。
これらはダニにとってはエサになってしまいます。
体から出るアカや皮脂など、そしてほこりも栄養になります。

 

温度が適切であること

 

カビが繁殖する適温は10〜30℃と言われます。
人間にとって快適な温度はカビにも快適なんですね。。

 

これ以上に温度が低い場合でも湿度が高い場合にはカビが発生する場合があります。

 

 

酸素があること

 

カビも酸素が無ければ繁殖できません。でも、布団で寝るような環境では普通酸素があるのが当たり前、ですよね。
地球上にいれば、酸素はあるので、この条件を外すことは難しいですね。

 

 

以上の事柄が揃っているとカビにとっては好条件で簡単にカビが生えてしまいます。

 

カビが生えない布団選びと環境づくり

カビ対策として一番重要なのは湿気を持たせないこと。
布団を乾燥させておくこと、です。

 

一度生えてしまうと、それを取るのは結構大変。
丸洗いをしても取れない、なんてこともよくあります。

 

カビが生えないように乾燥した部屋で、またこまめに干したり、干せない環境なら
布団乾燥機をつかったりして清潔に保っておきたいですね。

 

カビが生えない環境作りはもちろんですが、
速乾性の素材の布団などを選ぶのも一つですよ^^

 

布団乾燥機を使うのはどうなの?


掛け布団ランキング

ランキング