フローリングで布団を使う場合気を付けること

現在、日本といえども和室の方が少なく、全部屋フローリング、という家も少なくないですが、フローリングでお布団を使う場合、気を付けた方がいいことがあります。

 

それがカビ対策です。

 

畳の部屋と違い、布団を使うことが最初から考えられていたわけではないので、それなりに対策が必要になるんですね。

 

床に布団を敷いて寝たい

生活様式や住宅環境の変化で畳の和室のない家も増えていますが、やはり日本人、と言うべきでしょうか、ベッドではなくフローリングに布団を敷いて寝ることを選ぶ人も多いんですね。

 

家や部屋が狭かったり、色々な都合上そうなる場合もあるんですが、
フローリングで布団を使う場合、畳と同じ感覚で使っては危ないですよ。
カビやダニの温床になることもあるからです。

 

 

フローリングでのカビ対策は

フローリングに直に布団を敷かない

布団の敷きっぱなしはよくない

 

フローリングに直に布団を敷くのはよくありません。
確実に、というほどカビが生えることがあります。

 

人間は寝ている間に汗をかきますが、フローリングに直接布団を敷くとそのかいた汗が逃げるところがないんですね。
なのでそのまま布団とフローリングの間にたまってしまい、それが湿気てカビが生えます。

 

また、布団の敷きっぱなしも同じで湿気てカビが出ます。

 

フローリングに直接布団じゃなければいいのか?

マットレスを敷いてその上に布団を敷いて寝るという人もいると思います。
ところが、これもマットレスとの間がカビることがあります。

 

マットレスをいれただけでもカビなくなった、という人もいるようですが、部屋の状態などにもよるでしょうね。一般的にはマットレスを布団の下に敷いただけではカビてしまうことも多いようなので要注意してください。

 

フローリングの部屋では布団を使えないのか?

フローリングの部屋で布団を敷いて寝る場合、

 

すのこを使う

ござなどを敷く

除湿シートを使う

布団の上げ下ろしは毎日行う

 

すのこやござ、除湿シートといった、
湿気や汗を逃がしてくれるものをフローリングと布団の間に挟むことで
湿気を防いでカビも防ぐことが大事です。

 

また、布団の敷きっぱなしは一番よくないので
毎日、面倒でも布団の上げ下ろしを行うのが大事ですね。

 

ダニ・カビに強い布団はコチラ

陽だまりの休息

 

ダニ・カビの予防についての記事はこちら

布団にカビが生えるのはどうして?対策法は何かある?

布団に掃除機をかけるとダニ予防になる?


掛け布団ランキング

ランキング