掛け布団を選ぶポイントは

毎日使う掛け布団、何かこだわりはありますか?
どうやって選んでいますか?

 

毎日何気なく使っている布団。細かい好みを理解していてこだわっている場合と全く意識しておらず、とりあえず寝ている場合。
人によりさまざまですが、購入する際にはこだわりが必要になる場合もありますよ。

 

一口に「かけ布団」と言っても実は好みは様々。

  • とにかく軽い布団がいい
  • ニオイのない布団がいい
  • 薄っぺらい布団がいい
  • ボリュームのある布団がいい
  • 適度に重い布団がいい

 

など・・・好みも千差万別です。
自分はこれが好みだからみんなそうだろう、と思ったら結構意見が違って驚くことがありますよ。

 

また、自分はこういう布団がいい、それじゃなきゃイヤだ、と思っていても、全く違う布団を使ってみたらすごく気に入った、なんて場合も。

 

 

選ぶ際のポイントは?

 

まずはこの好みを考えることが重要です。どういうタイプの布団が好きなのか、
また購入するとき、そのポイントはかかせないのか、などを考えてから購入すると外れがないでしょう。

 

ボリュームのある軽い布団なら羽毛布団。

丸洗いできる布団なら化学繊維の布団。

暖かさを重視して動物毛の布団。

今までと変わらず綿布団がいい。

 

など、外せない部分を先に考えておいてから選ぶと選びやすいです。
ただ、最近は随分布団も変わっていて、とても機能的なものが増えており、
今までの常識を覆すようなものも増えています。それらを選ぶと新しい発見もあっていいですよ。

 

最近の布団は軽くて扱いやすい

昔の布団は重いものも多かったですが、今の布団はとても軽いです。
軽い布団の中にも羽毛布団のようにすごくボリュームのあるものと
ボリュームはなく、体にそうタイプの布団もあります。

 

私は子供のころ、おばあちゃん子だったこともあり、年寄りが好むような少し重みのある掛け布団が好きだったんですが、
軽くて暖かい掛け布団を試してみたところ、想像以上に熟睡できて、それからは軽い布団も見直しています(笑)

 

軽いのに暖かく、布団の中が心地いいと、しっかり眠ることができますし、
肩こりをはじめ、起きたときの疲労感が違うことが多いですよ。

 

私が愛用中の軽くて気に入っている掛け布団はコレです。

陽だまりの休息プレミアム


掛け布団ランキング

ランキング