安い布団と高い布団、どちらを選びますか

布団と一口に言っても値段は様々。
昔は布団というとそれなりに高いイメージがありましたが、段々値段が下がってきていますね。ここ数年ではお洒落で値段が安い布団も多数あります。

 

敷き・掛け布団のセットで10000円を切るようなものも多くあり、今までは布団を大事に何セットも取っておいたけれど、軽くて安い布団があるから、
昔の布団は全部処分して安いセット布団に買い換えた、なんて話も聞きます。

 

色々な布団を使い分けて使う

来客用の布団や一人暮らしの用意で、など一時的に使うものなら
そういった安いセット布団を購入するのは便利でいいのかな、と思います。

 

ただ、やはり安い布団というのは機能もシンプル。
寝心地や機能性の面で考えると物足りなさもあります。

 

睡眠は人生の中で三分の一の時間を使うと言います。
それだけ長い時間、布団の中で過ごす、のですが、
人間というのはそれだけの間体を休めることで残りの時間を有意義に過ごせる、
とも考えられますよね。

 

そう思うと、睡眠の質も大事では、とも思います。

 

快適に眠ることができて質のいい睡眠をとるには

 

浅い眠りではなく深い眠りにつけることが
質のいい睡眠をとるには大切なこと。

 

布団の硬さや軽さ、素材などももちろんですが、布団の中が快適な湿度・温度に保たれること、
重すぎず、軽すぎず、といった心地のよい状態で眠りにつけること、というのは
実は想像以上に大事なことなのかもしれませんね。

 

そういったことを考えると安い布団だから、高い布団だから、というのではなく、
自分の好みに合った、睡眠を第一に考えた布団を選ぶのが一番、ということになるのではないでしょうか。

 

寝る時の環境って睡眠に影響する?

睡眠は美肌や健康を作る


掛け布団ランキング

ランキング