布団収納袋(圧縮袋)に入れてしまうとふっくら感がなくなる!?

布団を収納しておくときに使う収納袋。

 

布団の形に立体的になっているものや、ソファーのように使える収納袋、圧縮して厚みをなくす布団圧縮袋など色々と種類もあります。

 

使わない布団、収納袋に入れていますか?

 

 

圧縮袋に入れるとふっくら感が戻らなくなる?

 

布団圧縮袋に入れ、圧縮すると元に戻らなくなるのでは?
それを防ぐためには、圧縮袋に入れる前に天日干しをして布団を乾燥させ
湿度がない状態にしておくのがいいようです。

 

袋から取り出したら天日干しをするか布団乾燥機でしっかり乾燥させる
ふっくら戻ることが多いです。

 

 

また、あまりにも長い間圧縮しておくと戻らなくなることが多いようです。
長期間圧縮する場合や普段使わない布団を入れる場合は時々出して一度干して
また圧縮することで、防げるようです。

 

 

羽毛布団は圧縮袋に入れてはいけない?

 

羽毛布団はかさ高でふんわりしています。収納場所も取るので圧縮できたら、と思いますね。
ところが、羽毛布団は布団圧縮袋には入れない方がいいようです。

 

その理由は羽毛布団が傷みやすくなるから。

 

中に入っているフェザーの羽が折れてしまうことで羽根自体はもちろん、布団の生地も
傷んでしまう原因になる場合があるようです。

 

ところが、ネットで検索して調べていたら、羽毛布団でも布団圧縮袋を使用している、
という人も何人か見つけました。他の布団と同じように圧縮しているけれど
毎回普通に使えている、とのこと。

 

袋から出した際にはつぶれているけれど干したり乾燥機にかけるとふわふわに戻る、
とのことです。

 

ただ、、布団の中はどんな状態になっているかわからないので、個人的にはあまりお勧めはしません。

 

やはり圧縮袋を使用するとどうしても潰れやすくなるといった話もあります。
羽毛に限らず、高級な布団や傷んでほしくない、長く使いたい布団については
圧縮袋を使用しないほうがいいですね。

 

布団の収納にはカビやダニにも気を付けて

布団にカビが生えるのはどうして?対策法は何かある?

布団はダニの温床になるってホント?


掛け布団ランキング

ランキング