押し入れが無い場合の布団の収納方法

布団の収納ってどうしていますか?

 

和室や押し入れがある家の場合、押し入れに入れればいいですが、洋室だけの家や収納が少なかったりクローゼットしかない場合、布団の収納って結構悩みます。

 

一人暮らしの小さい部屋ではクローゼットと言っても本当に小さく布団をしまう場所がない場合も多いですよね。
そんな時、布団の収納をどうするか考えてみたいと思います。

 

 

布団圧縮袋を使う

 

布団を入れて掃除機で中の空気を吸うとぺたんと薄くなり、そのまましまうことができる収納袋。
部屋が狭い一人暮らしの部屋ではあれがとても重宝しました。

 

収納がすくなくても小さく、薄くなるのでしまいやすいんですね。
密封した袋の中に入れておくので衛生的にもいい気がします。

 

上手に畳んでクッションやソファー代わりに使う

布団をたたんで部屋の隅に置き、上から布やカバーをかけソファーの代わりに使うことで、収納というより、
布団を別の形で使う、という収納法です。
これも一人暮らしをしている友人などがよくやっていました。

 

収納する必要がなく、ソファーとしても使えるので一石二鳥ではあるんですがやはり布団なので、時々干したりメンテナンスは必要にはなります。
でも、座り心地も柔らかく心地いいのでいいアイディアだな、と思いました。

 

今は入れるだけでソファータイプになる布団収納袋も販売されてますね。
とても可愛いデザインのものも多いのでそういうのを利用するのも楽しそうです。

 

ただ、布団の中身もよれやすくなるのでその点は注意してください。

 

 

布団の収納というとかなり場所を取るイメージがありますが、
アイディア次第で色々と活用できそうですね。

 

 

布団の収納、どうしていますか?

 


掛け布団ランキング

ランキング