ふわふわの羽毛布団の「かさ高」とは?

羽毛布団を選ぶ際に出てくる「かさ高」。
普段はあまり耳にしない言葉ですよね。

 

かさ高って何なんでしょう?

 

羽毛布団はボリュームがあるからあのふっくら感のことかと思いましたが違いました。

 

羽毛布団の「かさ高」と羽毛布団を選ぶ際に大事なことをまとめました。

 

見た目のふくらみ(ボリューム)ではない?

 

羽毛布団はふっくらしていてとてもボリューミー。
あのふくらみがかさ高?と思いましたが違いました(笑)

 

羽毛布団のかさ高は、

一定の基準で羽毛に重さをかけ、その時の高さを表したものです。

 

かさ高で何がわかるのか

 

どれだけ多くの空気をダウンが含むことができるのか

ということがわかります。
一定の基準で重さをかけることでそれが証明となるんですね。

 

いいダウンは空気をたっぷり抱き込むことができるので、それだけ暖かくなります。
しかも‘空気’で暖かいので非常に軽いんですね。

 

他のどんな暖かい素材と比べても、空気の方が軽いのは一目瞭然。
たっぷりと沢山の空気を抱き込めるだけの品質の羽毛、そして量が入っていると
軽くて暖かい布団ということになるんです。

 

 

かさ高は数値が高い方がいい

以上のことから、同じ重さの羽毛を比較したときに、かさ高数値が高ければより膨らむということなので
暖かく、ダウンも高品質、ということになります。

 

空気を抱き込む量が少ないダウンなら、それだけダウンの量を増やすことになります。

 

つまり、かさ高の数値が高い布団は軽くてボリュームがあり、
かさ高の数値が低い布団は重くなりがち、ということです。

 

羽毛布団はダウンの量と重さ、かさ高をチェック。

 

羽毛布団を選ぶときのポイントは・・・

色々な羽毛布団がありますが、いいものを買いたいなら、

 

ダウンがどれだけ入っているか

羽毛(布団)の重さ

かさ高がどのくらいあるか

 

ということを総合的に見て判断するのが一番です。

 

また、羽毛寝具製造協同組合の品質基準であるラベルの表示も
購入の際の参考になりますよ^^

 

他にも、羽毛の品質や産地や種類、側生地には何が使われているか、製造方法などで
品質や値段には差が出てきますが、羽毛のかさ高も大事なポイントです。
購入の際はよく確かめてみてくださいね。

 

 

羽毛布団関連記事はこちら

羽毛布団のランクとは何?

羽毛の産地や品質について

 

 


掛け布団ランキング

ランキング