ダンフィル キャメル肌かけ布団と羽毛布団を比較。購入するならどちら?

ダンフィルのキャメル肌かけ布団ってどんな布団?

 

キャメルの毛を使用した暖か布団

デンマークの老舗寝具メーカー ヨーク&ラッセン社のブランド「ダンフィル」。中綿にはなんとキャメル(らくだ)を90%使用。

 

キャメルは保温性はもちろん放湿性に優れているため、暖かく蒸れにくい。欧米ではキャメルは医療機関の寝具としても使われること、有害物質の厳しい基準を設けている「エコティクスマーク」取得で安心。

 

 

なぜ布団にキャメルを使っているの?

キャメルはダウン(羽毛)と同じくらい保温性がある上に放湿性にも優れます。

 

人間は眠っている間に気が付かなくても汗をかきますが、その汗がこもったままだと暑くて寝心地が悪かったり逆に体が冷えてしまったりします。
キャメルの布団の外へ余分な水分を放出するため、汗やムレで不快な思いをすることなく眠ることができます。

 

春・秋・冬の3シーズン使える掛け布団。

 

保温性だけでなく放湿性にも優れているため、蒸れにくく暖かい。

冬毛に生え変わるころに人の手によって集められたふわふわの毛を使用。

 

冬場は暖かく、春・秋は暑すぎない。そんな使い心地・使い勝手の良さがあります。

 

陽だまりの休息はオールシーズン対応なので、少し惜しい気もしますが、3シーズン対応の掛け布団はなかなかですね。

 

 

キャメル肌かけ布団と羽毛布団ならどっちを選ぶ?

 

キャメルも羽毛も両方とも動物の毛です。
羽毛布団もそうですが、動物の毛を使用した布団は特有のニオイを感じる場合があるそう。
また、動物の毛のため、アレルギーが出る場合があるとのこと。

 

以上のことから、自分や家族が布団を購入するなら、、、

 

アレルギー持ちの家族には両方買いません。

 

アレルギーのことが気にかかるなら心配をする必要のない、陽だまりの休息を選びます。

 

 

アレルギーではない場合は?

 

キャメル布団はなんとヨーロッパでは医療現場でも使われているそう。
足が痛い、関節痛、リウマチなど、冷えが原因となっている病気の場合、
暖かく、汗も放出してくれるキャメルは効果を奏しているとのこと。

 

足腰の悪い母親へのプレゼントや冷えが気になる場合は
キャメルの肌かけ布団が購入しようと思います。

 

ホルムアルデヒド、発がん性、アレルギー誘発染料といった有害物質の厳しい基準を設けている
エコティクスマークを取得している、というのが大きな決め手になります。

 

やはり一晩中、毎日使うものなので、なるべく安全性の高い布団を使いたいですから。。

 

アレルギーを気にせず使える暖かい布団はないの?

とても暖かく、それでいて動物の毛ではないのでニオイもなくアレルギーの心配もない。
丸洗いまで出来てしまう、とても使い心地のいいお布団を見つけました。

 

快眠を得る陽だまりの休息はこちら

 

 

 

 

 

 

 

掛け布団ランキング

ランキング