ベッドから布団にするとき気を付けること

引っ越しなどで生活様式が変わった場合、
また部屋の模様替えなどを行った結果、
ベッドが不要になる場合、
気分が変わったetc・・・

 

ベッドから布団に切り替える方もいると思います。

 

今までベッドを使っていた人が布団に変える時に気を付けた方がいいことをまとめます。
ポイントは大きく分けて2つです。

 

 

フローリングに直接布団を敷かない

人間は寝ている間に汗をかいています。
フローリングの上の直接布団を敷くと、その湿度が布団から逃げることが出来なくなり、
布団にカビが生える要因になってしまいます。

 

フローリングの上にマットレスを敷いてもマットレスにカビが生えたという人もいるようです。
布団にカビが生えると取るのは結構大変なのではやさないようにするのが大事。

 

すのこや除湿マットなどを使用し、その上に布団を敷くなどの工夫をしてくださいね。

 

 

布団は毎日上げ下ろしする

ベッドだと布団の上げ下ろしは必要ありませんが、布団の場合、毎日上げ下ろしした方がカビや湿気を防ぐことができます。

 

部屋の状況にもよると思いますが、湿度の高い季節や部屋の場合、たった一日敷きっぱなしにしておいただけでカビが生えた、という人もいるようです。

 

部屋がカラッとして乾燥している家ならそういうことは少ないかもしれませんが、
それ程湿度を感じる部屋じゃなくても、気が付いたらかびていた・・・という事態にならないように
毎日上げ下ろしをした方がいいです。

 

少し面倒ですが、その分部屋も広く使えますし掃除も楽なのでいいですよ♪

 

 

ベッドから布団に寝ると、下が床のせいか、慣れるまでの間とても固く感じる場合があります。
そういう場合には下に敷くマットレスや敷布団を機能的なものに変えたりするといいですよ。

 

 

また、夏場や寝起きが暑かったときや羽毛布団の場合は特に、
一度布団を広げて暖かい空気や湿気を抜いてから押し入れにしまうといいです。
どうしても布団というのは湿気がこもりやすいので、なるべくこもらないように対策をこまめにする、ということですね。

 

 

布団をカビさせないために・・・

 

布団にカビが生えるのはどうして?対策法は何かある?

 


掛け布団ランキング

ランキング