敷き布団と掛け布団

敷き布団と掛け布団。
マットレスと掛け布団。

 

真夏でもない限り、この2つはセットで使いますね。
毎日使う、生活に欠かせない存在です。

 

布団をどう選ぶか、どうこだわるのか、で
自分オリジナルのベッドスペースができます。

 

機能的なマットレスいろいろ。

ベッドで寝ている人を中心に使用しているのがマットレス。

 

昔のように和室に布団を敷いて寝ている人でも、
敷き布団はマットレス、という人もいるようです。

 

マットレス人気の秘訣は機能性。

低反発に高反発。
色々な機能がついたマットレスが多く開発されています。

それがマットレスの人気の理由ですね。

 

中のスプリングにとてもこだわっているものや、
寝る時にどう体を支えるか考えて作られたものなど色々とあります。

 

それぞれの特徴やどれがいいか、などは話せばきりがないので省きますが(笑)
大事なのは自分に合ったものを選ぶということです。

 

 

例えば、腰痛には高反発のマットレスがいい、と言われても、実際使ってみて
低反発の方がいいと感じたら、そちらの方があっているんです。

 

様々な機能的な商品が多数出ているので、その中から自分の好みに合ったものをみつけるのは
結構大変ですが、是非、納得できるものを探してもらえれば、と思います。

 

また、マットレスじゃなくて敷き布団も高機能なものも増えていますよ、
そちらもチェックしてみてくださいね^^

 

 

掛け布団は心地がいいものを。

掛け布団については当サイトでお勧め布団を紹介していますが、
本当に沢山のものがあります。

 

羽毛布団から綿布団、化繊の布団など素材だけで見ても多数ありますし、機能面でみたら、軽いもの、丸洗いできるもの、アレルギー防止のもの、などこちらも本当に沢山あるんです。

 

やはりこちらも選ぶ際に一番考えた方がいいのは、心地よさ。

 

掛け布団は体の上にかけるものですから、あまり重くないものの方が寝苦しくなくていいですが、
軽い物、適度に重さのあるもの、軽くてボリュームのあるもの、軽くて薄いもの、など
様々ある中から、これは譲れない、という条件を予め絞ってから選んでいくと選びやすいですよ。

 

 

自分のお気に入りの敷き布団(マットレス)、掛け布団を選んで、
枕や寝具も選べば、本当にあなたオリジナルの、オーダーメイドのようなベッドスペースができますね。

 

こだわりの寝具や布団で気持ちのいい眠りを。。

 

 

綿布団と羽毛布団、どちらを選ぶ?布団の種類


掛け布団ランキング

ランキング