パソコンやスマホを寝る前に見ていると睡眠の質が悪くなる!?

あなたは寝る前にパソコンやスマホを使いますか?
夜中にネット閲覧にはまって寝不足になっていませんか?

 

夜中にパソコンやスマホを使用しているとついつい時間を忘れがち。

 

これらの行為が不眠や睡眠の質の悪化につながっているかもしれませんよ。

 

寝る前のパソコンはダメ?

寝る前、深夜遅くまでパソコンでネットサーフィンをすることありませんか?

 

ついつい楽しくて、気が付いたらかなり遅い時間になっていて翌日寝坊をしてしまった。
毎日、夜のネットが楽しみで、気が付いたら連日寝不足で疲労。
それなのに、やめられない、など。

 

パソコンやネットにはまるとそういう人って多いですよね。
私も類にもれずそうなので、エラそうなことは言えません(苦笑)

 

これら、寝る前のパソコンが睡眠の質の低下や不眠を引き起こすことになります。

 

ネットサーフィンやメール、SNSのチェックなどは「楽しい」ですよね。
ということは、寝る前に興奮状態になっていることになります。
刺激が沢山あって興奮状態だと、なかなか寝付けませんよね。

 

 

また、睡眠不足や寝ることが遅くなることで体内時計の乱れを引き起こす場合もあり、
そうなると余計に不眠や寝付けないという状態になる可能性が高まります。

 

 

スマホやパソコンのブルーライトが悪影響?

 

最近よく話題に上る‘ブルーライト’。パソコンやスマホから出ています。
このブルーライトは目の疲れを引き起こすと言われます。

 

自然界にもブルーライトは存在しています。なぜパソコンやスマホのブルーライトだけ注目されるのかというと
夜に大量に浴びる、ということが問題になるから、です。

 

 

ブルーライトはメラトニンを抑制してしまう?

寝る前にスマホやパソコンを使うことで、そのメラトニンの分泌が抑制されるという研究結果があるそう。

 

メラトニンとは眠りを司るホルモン。
朝、目覚めて太陽の光が目に入ってから14、5時間しないと分泌されないホルモンで、
夜になると分泌が増え、午前二時ころピークに達するとされます。

 

この働きが抑えられてしまうと、睡眠異常、そして体にも悪影響を与える可能性が高いそう。

 

 

熟睡することが大切。

 

何かと忙しい現代、睡眠をおろそかにしがちですが、
寝ている間には体をしっかり休め、細胞を修復するなど、役割があるんです。

 

例えば、寝具や布団にいくらこだわっても、眠るための行動が伴わなければ意味がないかもしれませんし、また、逆に、睡眠に割ける時間が短い、どうしてもパソコンが止められない、というのなら
しっかり熟睡できるように、寝る時の環境にこだわるのも一つかもしれませんね。

 

熟睡できるように布団にこだわってみませんか?オススメのお布団ランキングはこちら

掛け布団ランキング【高級布団で驚くほど快適な睡眠へ】

 

 

 

 

 

 

 

 


掛け布団ランキング

ランキング