最高級枕でストレスフリーな睡眠時間を!上手な枕の選び方

睡眠時間を妥協しないあなたに!

不眠であったり寝つきが悪く十分な睡眠がとれないという方は、枕に問題があるのではないでしょうか?普通の枕でも寝つける方もいますが、たいていの方は普通の枕で寝ると決して十分な睡眠がとれていないようです。なので自分に合った枕が必要になってきますが、枕選びのポイントは、横になった時の血行が重要です。

 

睡眠時間は人生における時間の3分の1とも言われています。人生におけるということですので睡眠時間の多い幼少期や更年期も含めてですので、実際は3分の1〜4分の1が人生の平均睡眠時間です。普段生活していても一般の方の平均睡眠時間は5〜8時間で、1日の3分の1〜4分の1であることがわかります。

 

あなたはその時間をもっと有効に使いたいとは思いませんか?

 

寝つきがよく朝スッキリおきれる方は普通の枕がお勧め

肩こりや冷え症などがない、朝スッキリおきることができる!という方は普通の枕がお勧め。というよりも、今の状態で睡眠が快適なら現状を維持していて大丈夫でしょう。

 

今までと違う枕を使用することによって変に体調が悪くなったり、体がだるくなったり、快眠が妨げられてしまう可能性がありますので、無理に変える必要はないでしょう。

 

 

低反発枕を使用している人

そもそも低反発枕は首を痛めやすいので、頸椎などが弱っている人以外は低反発枕を使用するのはやめた方がいいです。カバーがついていない、水洗いができない、天日干しもできないと衛生面でも普通の枕より劣っています

 

逆に、頭を柔らかくホールドしてくれるので人間本来の感覚的に、とても眠りにつきやすい感覚になります。睡眠障害を起こしていたり、なかなか寝付けない人にはお勧めです。医療介護用品としても認知度が高く、血行が悪い人や、頭痛がする人は普通の枕よりもコチラの使用をお勧めします。

 

最高級枕「六角脳枕(ろっかくのうまくら)」でストレス軽減!

肩こりや首こりで悩んでいるけど低反発枕は不衛生で使いたくないという方には六角脳枕がお勧め!

 

なんとこの枕真ん中が盛り上がっており、寝返りが打ちやすくなっているという特徴があります。寝返りが打ちやすいということは血行を促進しやすいということです。また盛り上がっているところの左右の部分(谷間部分)には保冷剤を入れることができ、オールシーズン睡眠を補助できる枕となっています。冬は寒くないの?と思いますが、まったく問題にならないです。

 

衛生面でも低反発枕と違い普通に枕カバーを洗うことができ、清潔感を保つことが可能です。

 

高級枕というぐらいですからお値段は少し高いですが、高いお金を払っていでも快眠を得たい方は選択肢としてはありなアイテムです。

 

 

掛け布団ランキング

ランキング