敷布団を選ぶポイントは値段?寝心地?快眠を得るための敷布団選び

長い人生の中で睡眠時間は人生の4分の1とも3分の1ともいわれています。その睡眠のお供である敷布団はどうやって選んでいますか?ここでは敷布団を選ぶ際のポイントに分けて解説します。

値段で選ぶ

現在敷布団は安いものだと2,000〜3,000円程度でも販売しているものもあります。いくら安いものがいい人でもこの価格帯の敷布団を買うのは勇気がいると思います。いわゆる世間一般でいうところの敷布団の相場は5,000円〜10,000程度だと思います。最近の布団はしっかりしているものが多いので、寝心地は悪いものの、寝れないということはないでしょう。ただ、安い反面衛生面は要注意です。

 

10,000円〜30,000円の敷布団はこだわりのものが多く、寝心地はいいけど衛生面がよくないといったり、衛生的には完璧だけど寝心地が…といった商品が多いです。

 

30,000円〜の敷布団は高級敷布団と言えます。さすがにこれだけのお金を出せば、寝心地も衛生面も完璧に近いこだわりを持った商品が多いです。

 

収納のしやすさで選ぶ

敷布団において収納のしやすさは寝心地と反比例すると考えておいていいでしょう。布団は寝心地がよくなればなるほど分厚くなっていきます。分厚くなるということは重さも面積も比例して大きくなります。なので持ち運びなどが大変になり、収納するとき面積を取る、干すのが大変で衛生的に良くないなどの問題が発生します。

 

寝心地を追求した布団は自宅でのメンテナンスが大変ですので、衛生面がしっかりしたものを選ばなければ、アレルギーなどの恐れがあります。

 

寝心地で選ぶ

敷布団を寝心地で選ぶ際は、基本的には分厚い敷布団を選ぶことをお勧めします。しかし、ただ分厚いだけでなく腰に負担のかかりにくい構造のものを選ぶことが大事です。腰に負担がかかりにくくしようとすればおのずと分厚くなってしまうので、「なぜ分厚いか」をしっかりと判断して選ぶことが、寝心地の良い布団を選ぶコツです。ただ、分厚い布団はメンテナンスが大変で衛生面に問題を抱えるものが問題です。

 

また、これも基本的なことですが、値段が高い布団ほど寝心地がよいものが多いです。寝心地がよい敷布団を選びたい方は高級敷布団を選ぶのもいいかもしれません。最近の高級敷布団は寝心地と衛生面を両立したものが多く、高級に恥じない性能を持った敷布団が多いです。

 

掛け布団ランキング

ランキング